--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/11

ウィクロス:ロストレージ4話「再会/光明と混沌」感想

良し!リアルタイム放送までに間に合った!これで二週遅れ回避!

すげえ駄目な事を言ってる気がしますが、では先週のロストレージ。

うひゃあああああああああ!はんなちゃん可愛い!可愛いっすよー!や、劇中的には最早完全にヘルカイザーと化したちーちゃんとの再会がメインではありますが、あかがね的にはこっちがメインでごぜーますよ!やべえ!本当今週は滅茶苦茶可愛かった!ちまちま可愛い!や、本命はるうちゃんですけど!でもロストレージ的にははんなちゃんが本命で間違ってない!間違ってないはずなんだ!(精神錯乱)

割と気難しい一面もあったりする彼女ですが、冷静に考えてみれば話し合いの余地は十分にあるし、利害が一致すりゃあそりゃあ協力もしてくれるよねえ。そもそもセレクター自体、あくまで戦う事をノルマに課せられているだけで完全に敵対する必要もない訳ですし。つうかロストレージに関してはそれ程敵愾心剥き出しで戦って来る人はそれ程いないはずなんですけど。前作のあきらっきーやウリスの印象がやっぱ強いのか?後は世界観の無慈悲さか。協力して真相を突き止める事は出来ても、結局必要にかられれば戦わざるを得ないのがセレクターバトルなのでもありまして・・・ぐぬぬ。
にしてもすずちゃんと普通に仲良くも出来るんだなあ、って辺りやっぱ基本的には良い人なのかはんなちゃん。良い悪いって言うか、どっちかと言うと自分の興味追及のために善悪の観念がある程度ないと言うべきか・・・そこまで破綻はしてないか。ただセレクターの入れ替わりの現象に関しては自分が手をかけてしまったやもしれない、という事よりは事実追求の方に感情のウェイトが置かれているようなので、そういう意味ではやはり彼女も黒、デュエマやMTGにおいて自分の欲望に忠実、利己主義っていう色のキャラなのかなあ、と。ナナシちゃん焙ったりしてたらしいしな!w それで喜ぶナナシも大概だけど!意外とドMなのか?主以外には若干S気味の気配が見える辺り、まあそういう事なんだろうなあ、と。その辺含めて味のあるコンビだと思いますが。
その利己主義感の一方で、やっぱちまちましたアクションとのギャップが際立つキャラでもあるのですが。お姉ちゃんにからかわれたり、細身のちんまい体で墨田を一生懸命止めようとしてた辺りは「ああ滅茶苦茶可愛いなあ・・・!」と視聴しながらブックメーカーと化してたよ・・・。お姉ちゃんとの様子を見るからに、然程家庭環境に問題はなさそうなんだけど消したい記憶ってなんなんかなあ。もしかしたら両親がいないとか?断片的な情報だけでは何を抱えてるのか解るはずもないのですが。5話ではもう言及されてたりするんかなー、どうなんかなー。
ロストレージははんなナナシ組、鳴海あーや組に注目して視聴する事になりそう。すずちーは・・・?と言われればそりゃあ気になりますが!サブキャラがちゃんと気になるってのはアニメ作品において大事、うん。

で、ちょいちょい前から存在を匂わせてたブックメーカー、里見初登場。今回のもう一つのメインと言うべきか。3話段階では鳴海が言及してた「お金で勝敗を買う云々」って話から、「以前話してたブックメーカーって言うのがそれに関わってるんかな?ブックメーカー=脚本製作者だし」と予想してたりもしたのですが、あくまでバトルの仲介人って事なんな。ただ掲示板のセレクターの様子や墨田からの連絡を意図的にブッチしてた辺り相当気紛れに活動してるくせーですが。つうかまあ、どう見ても前回のウリス的ポジションだよねえ・・・人の不幸や切羽詰った様子を見て興奮するとか間違いなく愉悦部にしか見えねえんですが。こういう役やらせると中村悠一さんはやっぱ良い仕事をされる。別のTCGだと一人七役熱血主人公なんてやってたのに!そう言えばそのアニメだとちーちゃん相棒モンスターだったな!w 里見とちーちゃんで究極ゼロパロ・・・すげえ絵面しか想像出来ねえw
里見は明らかにセレクターでは無さそうですが、そんな彼が何故セレクターバトルの事を把握しているのか?って言うのは疑問・・・ではあるんですが、良く考えたら2chとおぼしき掲示板にあれだけ堂々とセレクターバトル板のような物が立つ位だから知ろうと思えば割と普通に知れそうだねえ。つうか都市伝説じゃねえのかセレクターバトル!w 都市伝説があんだけ普通に話されてて良いのか?!前の時より普通に知れ渡ってそうな感じなのですが、その辺りはやっぱ今回のバトルが男女関係無く巻き込まれてるのが原因なんかなあ。規模が完全に無差別くせーし。登場してるセレクターは少年少女以下の年頃の子ばっかですが、どこかに無限おじさんとか無限おばさんとかもいたりするのかな?もしそうでないとしたら、今回のバトルの目的には少年少女でなければならない意味がある?うーん・・・どうなんかな。
里見元ルリグ説、という予想もあるのですが、確かにその可能性はありそうですね・・・ルリグの性質はセレクターの記憶に大分左右されるっぽいので、それを考えると愉悦部的な宜しくない考えに至るルリグがいてもおかしくない・・・?今の所根本的に悪い奴がいる訳ではなさそうな今回のルリグ達ですが、この辺りもどうなんかなー。

そしてちーちゃん再登場!最早かつての穏やかな佇まいはどこへやら!ってな感じで完全にヘルカイザー的なバトル狂に!初期るうちゃんも割とバトルマニアだったけど、これは明らかにベクトルが違うだろうよ・・・とは言えバトルで相手をぶっ潰したい、と言うよりは自分の目的の為に動いてる、って言うのが正解臭いので、そういう意味ではまだ救いようはある?とは言えメルを敢えてズタズタにしながら戦うその姿は明らかに狂っているとしか言いようがないですが。これ、どう観ても意図的にやってるよねえ・・・ウィクロスのルールで基本的に一面空けて攻撃を通す戦い方は殆どメリットがない事を鑑みると、すずちゃんの記憶のアバターであるメルを意図的にズタズタにする事で自分の欲求を満たしてると言うか(一応、攻撃しに行くべき状況を敢えて作って、ベルセルクの能力内容を気付かれ難くする程度のメリットはあるのやもですが)。前回までは正直無神経な言動で割とバル並の心象の悪さしかねえと評していたメルですが、こうしてボロボロにされて尚戦って欲しいとちーちゃんに願う様を観ると、可哀想とさえ思えて来る不思議。やっぱこのバトルにおけるルリグってセレクターの都合の良いお人形なんだよなあ、と改めて思う訳でして。
その一方でちーちゃんにぶつけられた墨田がもう完全にギャグ要員なのは笑うしかねーんですが。言動面白過ぎるだろコイツ!そりゃあ里見もお気に入りにする訳だよ!何だよ「初物JKいただきぃ!」って!「俺の全てを捧げちゃう~?」って!w 歪んだ欲望とは言え、里見が墨田の事を気に入ってたのはマジくせーのでこりゃあ薄い本が厚くなるな・・・そっち方面の趣味はないけどさ!つうか厳密に言えばその子初物JKじゃないです墨田さん!もうバッコバコにヤられまくってます!色んな意味で!本来の意味での貞操は守っていると思われますが!あ、それなら初物JKなのは間違いないのか(何を言っているのか)。
大方の予想通り、まあ普通に負けてグズ子と入れ替わる羽目になってしまった墨田くん。ヤンキー系ウェイの体に入り込んだグズ子の絵面はもう本当にギャグでしかないよ・・・w コイン一枚って段階でこの落ちは予想出来てたけどさあ・・・w まさに予測可能回避不可能と言う奴か。つうか前回は余り言及しなかったけど、男セレクターと入れ替わったルリグって過ごし難い事この上ないだろうなあ。そもそも自身の記憶の分身なのに何で男セレクターの分身も女の子なのかって話になって来るんですが。この辺りはやっぱ前の繭システムを流用してるからなのか。うーん。

ラスト。すずちゃんの前でマスコットぶちぃ。うわあやると思ったあ!や、絶対今すずちゃんの前で良い顔はしねえだろーなーとは思ってたけど!思い出を踏み躙っていくスタイルを披露するとは!ここから仲直りの余地はあるのか?とも思いますが、すずちー派の百合勢から観ると、ちーちゃんの中でのすずちゃんのウェイトが重くなり過ぎてて、それが自分の重荷に繋がってるから忘れたいという意見もあるようで。それならばまだこれからに繋がる余地はあるか・・・つうかタイトルが「光明と混沌」なのにちっとも光明が見えないんですが?!はんなちゃんが協力してくれるようになったのが光明なのか?!本筋的には全く光明見えてないですけど!寧ろ暗闇で覆われてますけど!それでもちーちゃんと会えた事が光明なのか、すずちゃん的には。畜生健気だ。

感情の赴くままに書いてたらまとめ真面目に参照してた時レベルの長文になっちまったような気がしますが、取り敢えずこんな所で。つー訳で、今から5話観てきまっす!超今更だよ!w

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。