2016/11/04

ウィクロス:ロストレージ3話「セレクター/蜜と毒」感想

気が付けばまた一週間、リアルタイム組は今日5話視聴ですよ・・・5話?!

何でまだ3話感想すら書いてねえの、って事でどうぞー。

見直してみれば今回はバトルがっつりだったんですが、それ以前に何て言うか・・・こう・・・鳴海あーや組に全部持ってかれた印象しかねえんですが・・・うん。

セレクターシリーズでもセレクターもルリグも両方アクの強いカップリングはあったと思うんですけど!にしたってコイツ等はインパクト有り過ぎじゃないですかね?!精神錯乱気味のシスコンと猫被り本性クッソ男前ロリって何だよ?!可笑しいだろうがよどう見たってよ!視聴前から「あーやは腹黒だよ!」みたいな触れ込みはあったんですけど・・・いやーすごいわー。でもこれが良い、寧ろこれで良いって人もいるんだからもうね。まあウィクロスのアニメだし。あきらっきーっていう大型爆弾抱えてたようなアニメですしー。そしてそれ以上にヤバい鳴海くん。幾ら妹失ったからってここまでになってしまうのか?!そりゃあなるか!でもあーや分身に対して「あーや・・・可愛いよ・・・」ははっきり言って変質者のそれでしかないだろう。嫁キャラ見てる俺等も似たようなモンだろうって?それもそうか!
あーやの場合はアレですね、猫被りながらも「・・・キモっ」って呟いちゃうとか素のヤバい位の口の悪さに隠され気味ですが、本質的には鳴海くんを励ましたり前を向かせようとしてる辺りが好印象ですねー。リルやメルはセレクターの思い出を餌にバトルさせようと釣ってる感じですが、真っ直ぐな言葉で向き合ってくれると言うか。基本的にはどんだけ内心ドン引きでも妹キャラで通してくれる子ですし、今までのルリグの中では一番好印象かなー、と。
ただやっぱりそうは見えても結局の所セレクターの記憶を投影させた存在が今回のルリグなので、鳴海くんの都合の良い存在である事に代わりはないんですが。リルがすずちゃんの理想のちーちゃん像であるように。鳴海くんの過去から考えると、あーやに投影されてる要素は今になって気付いた妹の大事さが外観のロリロリしいまでの可愛さ、自分のしでかしてしまった事への自責の念が本質の男らしさ・・・と言うか、口の悪さに繋がってる感じだし。結局の所して欲しい事をしてもらってるだけなんだよなあ。ただあーやの場合本質的な性格は、まあ悪くはなさそうだからそこで鳴海くんが叱咤激励の果てに前を向いていける可能性はあるやも・・・?すずリル組以上に今後の成長が楽しみなタッグっすねー。
今回のバトルの報酬は記憶の操作なので、鳴海くんは自分の都合の良いように記憶を操作する事を望むんだろうかねえ。ただ寧ろバトルの果てに負ける事の方を望んでいる節もあるんで・・・あーや頼むぜー、しっかり尻引っ叩いてやってくれー、って。

個人的注目要素ははんなちゃんですね!以前から「取り敢えず推しはこの子かなー」と書いてましたが、この回は大活躍っしたねー!ちょっとやってる事が悪役っぽくはあるけど!ただ結果の問題でしかないしなー。つうかこれだけ知識のある子がセレクターシステムの負け抜けの結果を知らないとかまだ勝ち抜けも出来てないって言うのはちょっと疑問なのですが、もしかして余り参加してから日が経ってないんかな・・・?
バトルに対する貪欲な欲求とかそれに対するどこかしこに見えるちまちました可愛さは、方向性こそ若干違う物の前作のるうちゃんを思い起こさせますねー。あるいはユキ辺りでしょうか。きっとこの辺りの戦闘m・・・バトルマニア勢とは気が合うんじゃないでしょうか。実際見れるならはんなちゃんVSるうちゃんは見たい!(アンケートのセレクターVSロストレージの項目にタマVSナナシって書いて送ったらしいですよ?笑)

で、その件のセレクターバトルの負け抜けの結果・・・ああ、うん、まあ知ってたとしか言いようがねえですな・・・うん。OP最後の映像からしてそれを示唆するような物でしたし。どう考えてもそういう事なんだろうなあ、って。
この辺り真面目に考えてみると、まずルリグはこの事実を知っているのか、ってトコですがこの辺りは今回負けて入れ替わった側のルリグであるゆきめが全然動じてなかったんと、リルがその事自体は知ってたので共通認識として知ってるんだろうなあ、と。次にルリグ自身、これを望んでいるかどうかって事ですが・・・何分この辺りの是非が今回のルリグの信用度に関わって来るからなあ。この回のトコメル辺りはもう心象かなりアレだし、リルもそこまで良い印象がある訳ではないのでここまで悪意的だと・・・って感じではあるんですが、どーなんかなあ(3話目視聴段階での感想です、笑)。
で、一番気にかかるのは失われたセレクターの記憶ってどうなるん?って部分。まさか本当に消える・・・?って言うのもなくはないのですが、タイトルの「ロストレージ」って部分から今回の首謀者は記憶を集めているのでは?という説があるようで。確かに、喪失した記憶の行き先がどこかにあるのなら、敗者側の記憶は丸ごとごっそり、勝ち抜けても記憶操作の結果が何かを忘れたいとすれば、その記憶を頂く事で効率的に記憶を集められるなー・・・とは思うんですが、記憶を集めて何をする気なんですかね?流石に現状はノーヒント過ぎるのでどうにもならないんですが・・・この悪意的過ぎるゲームを上から眺めてただ大笑いしてるだけなのかもしれんし。それこそ前作の繭のような・・・ただそれが二作続けてって言うのはちょっとないかもなーとも思うので、何らかの目的があるんかな?

真実を突きつけられて打ちひしがれるすずちゃん。うん、まあ無理もねえわなあ・・・システムの全容を知った時にはるうちゃんでさえ打ちひしがれたもんなあ。普通の女の子の側面がかなり強いすずちゃんがそりゃあ心折れかけねえ訳ねえもんなあ。主人公としてどこかで覚醒を期待したい所なんですが、次回タイトル・・・


「再会/光明と混沌」


ゲーッ!このタイミングでちーちゃん再会来てしまうのか?!今のヘルカイザーと化したちーちゃんなぞすずちゃんには見せられんぞ?!でも光明ってタイトルにあるから、僅かなり救われる可能性はあるのか?!そしてばとうーしてしまうのか?!こいつは注目ですよー!(あくまで3話時点での感想です、苦笑)

それにしても、入れ替わっても正直鳴海くんとあーやは余り違和感ないなー・・・や、元の鳴海くんもあそこまで男らしくはなかったからそれはそれで違和感バリバリではあるんですが!あくまであーやは男の体でも余り違和感ないなー、的な意味で・・・w
後こうなると、ドーナのセレクター(名前忘れた・・・汗)がバトルしないで逃げ切るつもり、って言ってたのはちょっと気になる所。バトルに勝ち抜くのが目的でないなら、最初から負け抜けて入れ替わるのが目的?それとも逃げ切るっていうのは必要最小限だけバトルして、90日間のリミットまでって事?でも結局それでも入れ替わっちゃうよなあ・・・多分。この子等にも今後注目していきたい所存(じゃあ名前忘れんなって話だけど、汗)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント