--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/06/17

デュエマ:VSRF8話「3人目のハムカツ団っ!? ヤムヤムのヤムカツ参上っ!」感想

前回の負債マラソンは見事一週分のみ消化という体たらく。

そしてそうこうしている間にもまたデュエマ、バディ共に最新話が公開されており、またしても負債が減らないというクソッタレ振りを発揮しておりますが。本当どうなっちまうんでしょうねーこの感想記事。ちゃんと毎週更新しておかないとこうなるという好例である。もう出来る限り短文でやっちまった方が良いのか?

ともかく、8話感想ですよー。

前回の段階で既に引きはあったけれど、開幕1分ですぐ見つかるヤムカツ。このスピード展開よ。つうかデュエマウス、お餅にくるんだら汚くないか?そもそもあのお餅いったい毎日どうしてるのかが良く解らないんだけどさ。そもそも食べ物かどうかさえ怪しい。トリモチ的な?
何でヤムカツなのか、とか思ったら病んでるからヤムカツ、という割とアレな理由だったネーミング。ハムスターと自分を認めたくないこの面倒臭さ、若干メンヘラ臭くて本当アレ。萌え属性のワンポイントとして女の子にそういう属性を乗せるならともかく、男でやられるとウザったさしかねえんだぞ!w ハムスターだからまだ許されるけど!さり気なく切腹シーンで死装束が右前なのもポイント高し。ハムスターなのにそういう細かい所は把握してるのな・・・
謎のクリーチャーから鎧のカードを託され、勝太の元にやって来るように頼まれていたらしいヤムカツ。や、どっからどう見てもカツドンなんだけどさ・・・!ハムカツとはまた別人なのか・・・V3期は最後まで観てないから良く解らないんよなあ。と言うか、背景ストーリー的にはE3と革命編は別次元のお話のはず・・・一体どういう世界線を辿ってるんだろうか?時事列的には有り得なくはないんですが、ちょっと気になる感じ。

その裏、レアキラーズのアジトでドキンダムの餌になってるドギラゴンと新型D2フィールドを勝手に持ち出す意地悪君。このテンプレ通りの三下悪役感!D2フィールドに関しては恐らく後でNo2辺りが皆に分配するつもりだったんだろうから別に良いだろうけど、何でそこでドギラゴンを持ち出してしまうのか!w 迂闊に持ってっちゃあ不味い物だってのは解ってるだろうに・・・余計な事をした結果の落ちまでこの段階で見えてしまうからコイツはゲスでも何か憎めないんよなー。

ヤムカツといつもの面々に紹介する勝太。後ろでエキサイトしてるホカベンが大分アレ。そんなに再生数が欲しいのかよ・・・!いつもは比較的マトモでも、所々クソッタレだから本当このアニメの登場人物は全般的によお。一方でぶっちゃけがそんな事よりハラグロXだ!なのもどことなくシュール。
るるちゃん、キャラ被りの危機に苛立ちを感じる。や、あなた申し訳程度の病弱要素しかないからキャラ被ってないです安心してくださいって言うのは空しい突っ込みなんだろーなー、とか思いつつもやっぱその突っ込みを止められないのが悲しい所である。病弱じゃなかったた何なんですか、って言われたら、そりゃあ畜生ヒロインですよ何言ってるんですかだしなあ。実際この後のヤムカツの切腹リアクションに対して「さっさとやれば?」的な台詞で返すのが何とも畜生である。実際ヤムカツがその気もないのにやってるって言うのをある程度見抜いて言ってるんだろうけど!それはヒロインが言っちゃあいけない台詞だろうよ!w しかも極悪フェイスで迫って来るし!ヒロインとしては完全に失格と言うか、やはり色んな物を投げ捨ててる感がバリバリで本当もう。一方でヤムカツの言動も完全にメンヘラのそれで大分アレである。こういう性格は確かにるるちゃん嫌いそうだよなーw

そうこうしてたらやってくる意地悪君。カードショップ滝川の面々からしてみれば最早当たり前の光景過ぎて普通のお客様だよなあ。一応この子悪役なんですよ。
とか言ってたらドギラゴンを股間から取り出すというアレっ振りを披露。何やってんの!返せと言われて踏みにじったりする辺りが珍しくガチの悪役振りを見せてて吃驚する。まるでゲスキャラのようだ!や、ゲスキャラのはずなんだけど!実際こういうホビーアニメでその対象のホビーを傷付けたり粗末に扱ったりする行動は割と解り易く怒りを感じる行動なんだけど、ここまでやって尚意地悪君に怒りが沸かないのはここまでの立ち回りが愛すべき馬鹿なんがあるよなーとか何とか。翌週のバディで同じような展開がある訳なんだけど、やっぱ視聴者に対する印象って大事。
ドギラゴンを傷付けられて珍しくガチの怒りに燃える勝太。こっちもこっちでまるで主人公のようだ・・・!つうかこの辺りの立ち回り、全体的に王道ホビーアニメのようだ・・・!いつも毎回訳の解らん展開が多いだけに、こういう普通のTCGアニメっぽい立ち回りをやられるとそれだけでおおって思えてしまうから本当このアニメは。と思ったけど前々回~前回もデュエルはそうだったよなあ。VSシリーズって作品に対して最早色眼鏡で見てしまってるのかもしれん。や、でも本当に毎回毎回どこかでアレな展開はあるし!

しかしここまで煽っておいてデュエル自体は普通に机囲んで座ってのプレイである。いつもいつもイメージ映像が出てるから視聴者的にはTCGアニメ的な物に感じるんだけど、実際VSシリーズのデュエルは全部普通に卓囲んでやってるんだよなあ。ソリッドヴィジョンとかそれに準ずる技術なんてありませんよ・・・メルヘンやファンタジーじゃああるまいし的な。デュエルゾーンとは何だったのか!
D2フィールド展開と同時、卓上にスライム的な何かを垂らす意地悪君。それ本当に持ってたのかよ!とか言うのは今更なような気もしますが、イジワルコンボとかどうとか以前にまず相手のカードだとかお店の備品にそういう訳の解らん物を垂らす行為自体が意地悪だろと思ってしまうのがもう。それをきゅっきゅと拭くるるちゃんが妙に可愛いぞ。つうかこのムーブが今週一番ヒロインしてたと思います。普通にお店の看板娘っぽい事も出来るはずなんだよなあ。家事も一定のレベルでは出来るだろうし。
で、ワルスラー研究所の展開シーン。ここは今までのD2フィールド展開シーンに比べてフィールドの変化が地味でちょっと残念。今までのフィールドがかなり解り易く、かつ派手に変化してたから全部ああいう感じにして欲しかったなーと思う訳でして。毎週毎週CG作るのはやっぱ難しいんだろうけどなあ。タイガーグレンオーが妙な端折られ方してたんもあってこの回はちょっとCG周りで不満が多かったり。作るの難しいからしゃあないよね、とは思うんだけど・・・!
意地悪君、まさかのドギラゴン使用。すげえ!こういう展開にしてくるとは!実際奪われた切り札を敵が使うって展開は割と燃える展開ではあるのですが、それをここでやって来るとは!寧ろこんな三下悪役だからこそなのか!シナジーとかないので完全に煽り目的なのがもう本当に。そんな煽りに対して怒りを燃やす勝太。すげえ!本当にゲスキャラと主人公のようだ!w 勝太は主人公してただろいい加減にしろ!とか言われそうですが、この子普段のアレな行動の方が目に付くからこう真面目に主人公してるとそれだけでねえ・・・wそこからシールドトリガーでまくってヤムカツで逆転する姿はまるで本当の主人公のようでさえある。主人公だよ!って話だけどさ!
ヤムカツ回想シーン。えっ、あの馬鹿殿のペットだったんかい!w 実はリアルタイム視聴時では良く解らなかったんですが、そうなのか・・・この顔の人間は皆ハムスター飼う運命にあるんかなあ。そう言えばボスカツの出自は謎なんだよなあ。その内どこかで語られる日が来るんだろーか。やっぱ元飼い主は勝太に良く似た顔の子だったりするんかなー。
ヤムカツの助けによって見事窮地を打開し、逆転する勝太。カツえもんのCGデザインは棚引く着流しの流麗さもあって普通に格好良いのが何ともアレ。普段が普段なだけになーw そしてこの決着の際のダイレクトアタックである。や!確かに因果応報だとも思うし、妥当な扱いだとも思うけどさ!それをやってしまうのか主人公が!w 皆やりたくても我慢してるであろう事を平然とやってのけるよなーこの子は。

デュエル終了後、めでたくドギラゴンも取り返しヤムカツを迎え入れる勝太達。同時にドギラゴンもVerUPしてファイナル革命搭載カードに。どうやったらカード重ねただけでカードが進化するんだよって突っ込みは比較的リアル寄りだったVVの時にもカードが書き換わりまくっているので、寧ろ理由がちゃんと説明されている分まだマトモだとさえ思えるのがもう本当になあ・・・w
そのカード名が「青き団長」なのを見て焦るボスカツ。このハムスターもしかしなくても思考は結構小物寄りだよなあ、と思ってしまうからもう。実際その小物っぽさは次回で明らかになってしまうんですが・・・頼りになる面もあるっちゃああるんだけどね。それで完結しない辺りはやはりハムスターの限界なのか。
そしてヤムカツはやはりるるちゃんに弄られる運命。この畜生&メンヘラのどつき漫才は今後の定番になったりするんかなあ、とか何とか。ハムカツ&ボスカツの「かっこええと思うんや・・・!」みたいな感じの。

一方、他の面々に土下座で不始末を詫びる意地悪君。組織のメンバーの行動としては最悪に近いからここでリンチにあっても可笑しくないレベルではあるんだけど、特に何をするでもないのは皆寛大なのか興味ないのか。多分後者だとは思うんだけどレアキラーズの面々はこの辺り内部崩壊しない安定感があって好印象。まあ意地悪君は恐らくNo2辺りから謹慎処分が言い渡されるだろうけどな! そういう訳で他のメンバーが本格参戦する事になるんだろうけど・・・取り敢えずまだ動かないのかよ!ってナレ太郎が突っ込みを入れるのが何ともシュール。いや、その人普通に次回動くんだけどさ!

珍しく意地悪君がゲスキャラ振りを存分に披露してたのと、ヤムカツのガチメンヘラ振りが印象に残る一話でした。このアニメは本当に敵も味方も変なのしかいねえな!w って言うのを再認識。敵にこういうのが多いのは解るんだけど、寧ろ比率としては味方の方が厄介さんが多いってのは本当に観ててもう・・・それでも動けばちゃんとその立ち位置として違和感ない動きをするから不思議である。絶妙なバランスでキャラクタライズ成り立ってるよな・・・このアニメ・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。