2016/05/13

デュエマ:VSRF5話「生徒会長は誰だっ!?アツかりしオレのファイナル革命っ!」感想

負債分さっさと返してくよー、という事で先週分のデュエマVSRF感想も今更更新。

しかし待望のVVキャラ再出演回、というめでたい回だってのにリアルタイムで感想書けないのは正直ちょっと悔しい・・・いや!観ててなっつかしー!って気分になったかんね!相変わらず奴等が元気そうで安心したよ!俺はね!

オープニング、ぶっちゃけが無残な姿になってて笑う。この分で行くと次回は後姿のあいつも正面を向く事になるんだろうか・・・いや考えて直してくださいお願いします・・・!(笑)実を言うとまだこっちは6話は観てないので、何とも言えないんですが・・・まあ、お察しだろうねw

開始からいきなり視聴者を待たせずに再登場を果たしたレオ君、及びナイ君。このあまり溜めずにいきなり本題に入ってしまうスピーディーさよ。VVファンからすればOPで久々にこの子等の姿を見た時から楽しみにしてたから寧ろ良いんですけどさ。つうかレオ君は勝太達と同じく普通に成長したのに対して、ナイ君は結構変わったね!w や、キャラの輪郭は殆ど変わってないんだけどさ・・・髪形と髭って大事。あの髭は本物なんかなあ・・・どうなんだろう。中学生位で生えてくる子もいるけどさ。
目立ちたい余りに突飛な行動に出るのはどうやら相変わらずだったらしいレオ君。まあお前はそういう奴だよね、と思う訳ですが、その為だけにハリウッドで売れっ子スターになってしまう辺りが何とも無茶苦茶でデュエマ的。ついでに恋愛経験もある辺り割とすげえ。勝舞に関しては世界中回っててもそういうのあまりなさそうだったもんなあ。世紀末覇者になった時に美女は侍らせてたけどな!でも恋愛ごととかあんまり感じさせない辺りが切札家イズム。デュエル馬鹿の家系だもんなあ。勝太は微妙に違うけどさ。あ、ドリル戦車でアメリカから通学して来た事に関してはノーコメントで・・・や、やっぱアレだよね。直接真っ直ぐ地球の裏側から来たんかなあ。流石にそれは・・・ないよね?w
勝太より目立つという目的の為に生徒会長選挙で勝負を挑むレオ君。珍しく勝太の方がTCGアニメ的に空気を読んでデッキを構えたのに相手の方がデュエル脳じゃなかった貴重なシーン。このアニメって、TCGアニメですよね・・・っていう突っ込みさえ毎度の事ながら最早空しい。まあ、TCGアニメだからつって何でもかんでもデュエルだけで勝負決める訳でもなければ、デュエルだけしてるって訳でもないしねえ。
そこに唐突に現れるホカベンと第三勢力。マドンナ、の言葉の時点で妙な笑いが出てしまうのはやはりVVファンの性か。実際、オープニングに出て来た段階からこの子の正体に関しては割とそういう答えが予想されてた訳で、やはりか・・・と思うとじわじわ来る物が。生徒会長選挙だしねえ。後ろ向いたまま顔は見せない、っていうのも怪し過ぎてかなりアレ。つうかホカベン、美少女にくらっと来る所もあるんね・・・良く考えたらバレンタインの時デレデレしてたもんなこの隠れリア充!畜生爆発。
三つ巴の選挙に突入する三人。何故そこでヤンキー漫画調なのかはちょっと謎。ホカベンはそういや前にもグレた時にこんなリーゼントしてましたね・・・彼なりのナメられないようにする為の服装っていうのはこんなんなんだろうか。

あっと言う間に決着まで事が運んだ投票結果。スピーチの映像の段階で既に悲しさが漂って来るんですが・・・つうか勝太にるるちゃんとぶっちゃけが票を入れた事にちょっと驚いてしまった辺りが何かもう駄目。実際ホカベンは相変わらずの身内を裏切る畜生ムーブを決めてるだけに、どんだけこの子等信用してないん・・・とちょっと悲しくなってしまう訳で。でも良く考えると勝太に生徒会長させると、多分ロクな事にならないよね・・・w そう考えるとホカベンの行動はある意味正しく思えてしまうから大分アレ。
残りの男子票を全部かき集めた謎?の美少女と女子票を全部かき集めたレオ君、同票なのでデュエルで決着。その展開に持ってく為にぶっちゃけは冷静さを保てたんかなあ、と脚本上の都合を勘繰ってしまうのがやはりアレ。
謎?の美少女、ご尊顔ご開帳。まあ、もう正直VVファンとしては予想がついてた訳で・・・と言う訳で亜部ちゃんも再登場。や!解ってはいたけど!CV違うから一縷の希望位はあるかなあ、って思った人は何人位いるんだろうね・・・この為だけに後姿時のCVを別に用意する辺りが無駄に凝ってて何と最早。つうか亜部ちゃん、票数集める為にずっと頑なに後ろ向いてたって事は美しい、と言っておきながら自分が不細工だという自覚はある・・・?何故かこんなに美しいのに周りの男子共からは受けが悪いから、という認識なのかもしれませんが。どっちかって言うとそっちっぽいよなー。顔見た瞬間に男子全員が死屍累々と化すレベルだもんなあ。5年2組の皆も初見の時は凍りついたんかなあ。後地味に亜部ちゃん、顔以外は完璧なのがなんつーか。胸とかすごい巨乳だよね!ミミちゃんとか零ちゃん、下手すりゃサソリちゃんよりあるんじゃないだろうか。相変わらずレオ君に想いを寄せてる辺り一途だし、ヒロインの素質はあるのやもしれん・・・顔以前に性格がアレだけど、それは現ヒロインのるるちゃんもごにょごにょ。

デュエルシーン。亜部ちゃん、相変わらずメカデルソルに拘っててVV観てるような気分になるのが本当懐かしい。一方のレオ君は二色になってたり時流に乗って革命チェンジとか使い出しててつうかルシファーが光である事を考えれば自然に転向、っていう事ではあるから全くVVと一緒って言う訳ではないんだけど、それでも種族推しだったよなあの頃はっていうのを思い出すだけでVVファンとしては感無量。他のVVキャラも出てくれんかなー!メイちゃんとか・・・流石に無理か?Vシリーズの総決算っぽくはあるから、今までのキャラに期待は出来そうですが。零ちゃんやハコちゃん登場の可能性もあるかなあ・・・
パーフェクトマリアの除去耐性効果、所謂テキスト見えてなかった演出な訳ですが、どうせどっちにしても結果は一緒なのでまあ許容範囲。これで勝負の結果が変わって来るとやはりもにょるので、こういった配慮は嬉しい。狙ってやったのかどうかって所ではありますが。
レオ君のデステニードロー演出、目立ちたがりらしく見せ所を解ってる感があって相変わらずだなあ、とまた安心。欲を言えばもうちょっと派手にしてくれても問題ない、って言うかVSRFに対する現状の数少ない不満点がデステニドロー演出に派手さが足りない、って言う点なんですが・・・そこは一旦置いといて。実際、レオ君ってキャラの魅力はそこな訳で、その辺りスタッフが解ってるだけで安心して観れる。後基本的にはライバルキャラとしては珍しく明確に良い奴なんだよなあ。Vシリーズの味方サイドライバルキャラは大体良い奴ですが。割とテンプレライバルキャラとしてツンツンしてたドラゴンでさえ、随分丸くなってるもんなあ。
切り札たるプチョヘンザの能力、冷静になって考えてみればタップインの方はこの手の能力としては若干弱い部類の能力であるにも関わらず、レオ君の説明によって華がある物になっているのも、やっぱ見せ所を解ってる感があって好印象。「スターの前では皆がひざまずくのさ!」って爽やかに言い切る辺りが最高にレオ君してるよなあ、とおもーですよ。こういう華のあるアクションを観る限り、やはりこの子も白凰やルシファーの系統を継ぐキャラクターなんだなあ、としみじみ。
つうかこの場、さり気なく亜部ちゃんがパーフェクトマリア全部引き切ってて笑える。全クリーチャーをCGで表現するにはやっぱりこういう感じに引くクリーチャーを偏らせる必要があるよね・・・バトスピでそれは解ってるんだ・・・w

レオ君、圧倒的勝利で勝ちを掴むも、生徒会長は即亜部ちゃんに譲渡。まあ根本が目立てば何でもありだから生徒会長ってポストにはあんまり興味ないんだろうなあ。この後の描写観る限りだと普通にハリウッドスターは続けてるっぽいし。つうか今後アメリカで俳優の仕事続けながら日本の学校に通うのか?!この辺りの描写は明言されてたっけか・・・?もしそうだったとしても、まあデュエマだし、で真面目に考えないのが吉になってしまうんがアレですが。でもレオ君、目立つなら生徒会長の座は普通にとっておいても良かった気がする。学校生徒のリーダーだしなあ。色々目立つ仕事を率先して出来そうな役職だしなあ。生徒会の仕事は地味なのも多いから、そういうのを解ってて肌に合わないと判断してるのかもですが。
タナボタで生徒会長になった亜部ちゃん、ホカベン一同からフクロに。まあ亜部ちゃんも「貴方達はもう用済みよ」みたいな事を言い放ってる辺り自業自得だし、その言葉さえなかったらもうちょっと手心加えてくれたんかもしれんけど、率先して容姿に対して言及しながら殴りかかりにいくホカベンが畜生過ぎるよねこれ・・・ただ容姿に惹かれてホイホイされてしまったにも関わらずこれだもんなあ。後相手も畜生だからといって女の子に迷わず殴りかかりに行く辺りもガチ畜生。デュエマの主人公サイドには畜生しかいないという事を再確認。性格そのままでも顔が本当に美少女なら絶対こんな事にはならなかったんだろうし、4、5話と続けて身内が酷過ぎるよねこれ・・・w

VVキャラクターが再登場、っていう事で色々楽しく、懐かしい気分にさせてもらった回でした。改めて思うんですが、やはりVシリーズはコメディタッチを交えながらの作風の方が色々合ってるよなあ、と再確認。VSシリーズに入ってからはその作風で固定されてるんですが。TCGアニメでは余り無かったコメディメインの作風、ってジャンルをどんどん切り開いているのが現行の、VV期のデュエマの良い所だと認識しているので、それだけにVSシリーズ完結が改めて寂しく思うんですが・・・
後、割とコメディにも適応出来そうなハコちゃんはともかく、元々シリアスストーリーな描写も多かったV3のヒロインたる零ちゃんが今来たら果たしてどうなるんでしょうかね・・・色々と重い境遇を背負っているだけに、基本コメディタッチのVSシリーズに馴染めるかどうかはちょっと心配・・・でもないかなあ?w そもそも出るかどうかも解らんキャラの話してる時点で鬼が笑うわあって話ですが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント