--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/03

デュエマ:VSRF4話「ダイナマイトでデンジャラスっ!D2フィールドの恐怖っ!」感想

一週遅れの感想などレイプしてくれるわぁー!

嘘です。なかった事にはしません。頭の挨拶のネタを提供してくれた友人N氏有難うございます。まあ、こういう始まりなのは、本編が完全にアレだったので・・・うん、まあ、うん・・・w

冒頭からぶっちゃけ、色々と飛ばしていく。去年のバレンタイン回からしてそうだったけど、コイツショック受けた時のリアクションが一々秀逸だよね・・・w 垂直に壁を歩き出した時は何事かと思ったよ!今回はまだ普通な灰化芸でしたが。それを普通に掃き集めて捨てようとするるるちゃんが相変わらず畜生なのもポイント高し。やっぱ基本勝太以外の人間に対しては冷たいよね・・・
つうかアイドルが交際疑惑って時点で傷付く、って感性が良く解らんのでそれでショック受けてるのに関しては「そこは幸せ願ってやれよ!」って思わなくもないんだけど・・・まあそれはまた別のベクトルのお話か。
そんな折で勝太は件の交際疑惑のかかったエリカッチュの相手のカイザーさんなるヘヴィメタバンドに嵌りまくり・・・ああこの俗物感、返って安心さえするレベルだわぁ・・・w 加えてカイザーさんの説明をしていくだけでこれがDMCパロであるというの丸解りなのも安心するレベル。露骨なパロってレベルじゃねえぞォー!w 良くもまあ今のメインターゲットの子が知らないような世代の漫画のパロをやろうと思ったね・・・

そんな訳で敵情視察と言わんばかりにライブ会場に視察に行くぶっちゃけ達。勝太は普通にライブに参加してる、つうかその勝太の後を追って来てるんだけどさ。これで良いのか主人公。
カイザーさんのバンド風景。決め台詞だとか、やってきたぶっちゃけを生贄にして丸焼きにするパフォーマンスとか、これ良いのか?!良いのか?!とか思うんだけど、彼等からして見れば乗りの良い客に乗りの良いパフォーマンスで返してる感じなんだろうなあ、と思えてしまうから闇。実際の所はやったら問題になりそうなアクションだけどな!まあデュエマだし!寧ろ明らかに友人なの解ってて丸焼きにされてるのを助けないどころかノリノリな主人公の方が良く考えてみれば問題。まあデュエマだし・・・!(遠い目)
ボロボロになったぶっちゃけは置いといてカイザーさんを追跡するるるちゃんとべんちゃん。ナチュラルに放置されてる辺りがこの作品における彼の扱いを象徴してて大分アレ。
素顔のカイザーさん、さっき丸焼きにした客とは知らずボロ雑巾のぶっちゃけを助けて家に招待する。ヘヴィメタに対しては疲労感を抱き、趣味は和やかな普通にしてれば優しい男・・・ああ、うん。


これ完全にDMCだわ。


幾ら何でもここまで露骨なパロでええんか?ええんかァー?!と見てて笑いさえこみ上げてきたよ!w こんなの原作者が見たら怒られても文句は言えないような露骨なパロ、良い子の時間帯のアニメでよおやる・・・と思うんですが。つうかぶっちゃけの方も相手のロクローをカイザーさんと認識してない辺りが大分アレ。お約束ではあるんだけど、せめてカイザーさんは気付こうよ!乗り込んできた段階では素顔だったんだからさあ!着ぐるみとは言え!

ロクローと友情を育んでいく傍ら、カイザーに対抗すべくデュエマウスとホカベンを連れてバンドを結成するぶっちゃけ。前回の勝太もそうだけど、こいつらさり気なく行動力と煽動力あるよなあ。ハラグロファンの後押しがあったとは言え、トーシロがプロバンドに対抗出来るレベルの勢力になれるモンじゃあねえよなあ・・・演奏とかも恐らくはお察しレベルだろうし、相当ファンの力が強かったのか?こんな事真剣に考えるだけ無駄だとは思いますが。つうかOPで確認済みではあるけど、ぶっちゃけのメイクと衣装滅茶苦茶キモいな!すっげえキモいデザインだな!って突っ込みたくなる位には毒々しい。凄まじい。
そうこうしてる内に対決まで決まってしまった両雄。ライブステージでバトルってのも激しくDMC感バリバリ。モバマスとかでも良く見る光景ですが。実際こういうライブステージで複数のバンドやユニットが競演してバトルするっていうの、大きなイベントとかだとあったりするモンなんでしょうか?リアルだとそういう機会あんまりないような。教えてエロい人ー。
ライブステージ前日、レアキラーズのアジトに赴きNo2の元に報告するカイザー。ぶっちゃけがレアカードを持ってるらしいって情報まで把握してる辺り、こいつらの情報網結構すごいよなあ・・・名が知れた訳でもない個人情報だかんなあ。そのデュエルに対しD2フィールドなる通常封印されてるらしいカードの使用許可を出すNo2。ぶっちゃけ相手にそこまでする必要もないような、とは思うのですが。案外特別な物でもないのかしらん。だとすると勝太なんてそれこそ間違いなく潰しておきたい相手に対してD2フィールドの使用許可が下りなかった意地悪君が可哀想な事になってしまうんですが・・・(涙) まあ、実力的な問題とかもあるんかなあ。そっちの方が余計に可哀想な感じですが。

イベント当日。対峙するも、突然の雨でメイクがはがれ互いの正体がバレてしまうぶっちゃけとカイザーさん。さり気なくこのシーン、傘を持って来たべんちゃんに対してるるちゃんがちょいとデレたような反応を返してるのが個人的な注目ポイント。るるちゃん的には別にどうこうって訳ではないんだろーけど、最初クソ眼鏡とか言ってた子が随分と馴れ合うようになったなあ・・・とちょっと感心。感慨深い。
正体がバレるも、自分がレアキラーズである以上、レアカードを持ってる相手に戦う事に変わりはないと断言し、勝負を挑むカイザー。クラウザーさんと圧倒的に違うのはこの辺で、別に正体がバレても何ら困る訳でもない、本質的な物は変わらないってトコなんだよなあ。ヘヴィメタバンドのリーダーとしてカイザーさんをやってはいるけど、そんな自分に対して別に嫌気が差してる訳ではない。寧ろ仕事として誇りを持ってやっている。そういう感じなんだろーなーっていうのがこの後の台詞も含めて見て取れる印象。両作品の話の都合とかそういうのもあるんだろーけど、その辺りは本家より好感が持てるキャラ付けなんが何とももう・・・w 悪役なのに!一応悪役なのに!

そんな訳で今回のデュエマシーン。注目ポイントはカイザーの新カード。ヘヴィメタにお花畑っていうのは親和性低いよなあ、と視聴前に思ってたので、そういうギャップを狙ってるんだろーなーって言うのは予測してたんですが、サイケデリック、って言う単語で上手く繋げてきたなあ、という印象。メタル、とはちょっと違うんですが、色合いによっては毒々しくさえ見える過剰なまでの極彩色は確かにロックやメタルとの親和性が高し。実際、カードのエフェクトはかなしファンシーではあるのですが、どことなーく不気味な感じが光、という正義側を印象するような文明でありながら悪役のカードと解り易い感じになってて良いなあ、と。
しかし展開の都合上、D2フィールドの強さを見せる為とは言えサイケデリックガーデンの効果がほぼ意味のない物になってしまったのはちょっと残念・・・まあぶっちゃけの場合、除去が破壊じゃないからエスケープ使えない以上しゃあなくはあるのですが。攻撃に対して効果発動してたら結局一緒だよ!と突っ込む所でしょうか。それでも「すげえぜ!」と沸く観客が完全にDMCの乗りなのも笑えるぞ。
しかしこのデュエルで一番笑えるのはやはり勝太。カイザーさんの一挙手一投足に盛り上がり、D2フィールドの凄さを称え、友達を応援せず敵側のレアキラーズの一員を応援するその姿はまごう事無き畜生のそれ。お前本当に主人公かァ!今更ではあるけど流石にここまで酷いと一種の清々しささえ感じるぞ!素性明かしてるにも関わらずこのリアクションだもんなあ・・・元より畜生の多いアニメではあるけど、その中で一番畜生なのが主人公かヒロインっていうのも、もう今更ではあるけど本当・・・もう・・・マジで・・・w
新カードによるエクストラウィン。可愛らしくもどこか不気味なデザインのクリーチャーに踊りながら囲まれてっていうのは精神的なダメージがちょっと来ると思う・・・つうかこの前のデステニードロー演出で「ブッコロデス!」なんて野蛮な決め台詞はもう駄目だみたいな事を言ったりそれに代わる「フラワーピース」なんて方向性真逆の決め台詞に乗って行く観客勢、何度言ったかも解らんけど本当マジで最高にDMC。多分こいつ等盛り上がれればそれで良いんだろーなー。ただやっぱ本性曝け出してもファンがそれをノリノリで受け入れてくれる辺り、クラウザーさんより恵まれてるし、幸せだよね・・・きっとこの後バンドは方向性変わるだろうしなー。
ぶっちゃけ、今期も負ける。ひっとえーとかそういうレベルとは比較にならん位、ぶっちゃけは緑は不遇の運命を辿ってるキャラだなあ・・・としみじみ。思えばVの時から一人だけ決勝トーナメントに行けなかったり、色々泣ける不遇さだもんなあ。今のクソドルヲタ振りを見るとそんな同情が正直沸き難いのは逆の意味で泣ける話ではあるんだけど。

ラストシーン。レアカードは結局ハラグロモデルのカードで外れ。だとするとNo2は一体どこからこの情報を持って来たのか・・・あるいはぶっちゃけがそうと知らずに持ってる可能性もありますが。実際、ステージュラの方がレアリティ高いもんなあ。そっち奪えば良いじゃん!ってなってしまうか。
どこからかやってきたエリカッチュ。ギリギリまで交際云々に関しては隠して、ネタ晴らししたら泣きを誘ってまたCDを買わせる戦略。うん、この世界はアイドルまで畜生なんだな・・・つうかファン勢CD捨てたのかよ!好きなアイドルが交際してた位で!実際にそういうファンとかいるらしーけど、やっぱどうにも俺は解らんのよなあ。そうなるとファンも畜生?俗物だらけかこの次元!転んだエリカッチュを助けたカイザーさんが一番善人に見えさえする不思議である。悪役だぞコイツ!アンティでレアカード奪おうとしたのに!w
勝太、脇でやってたカレーパンアイドルに鞍替え。やっぱド畜生だなこの主人公。

ある程度予測はしてましたが、話の流れとか細かい設定とか、完全にDMCのそれで、元ネタ作品を知ってる身としてはかなり笑わせてもらった回でした・・・4話からこんなかっ飛ばしてって大丈夫なんかという感は強いのですが。ここまで露骨だと寧ろ元ネタ知らないと大丈夫か?という疑惑さえ立つのですが・・・まあ元の作品自体、乗りと勢いで読む漫画だしなあ。余り問題はないのかもしれない。パロディの純度が高過ぎるという点では大問題ですが。
次回はVV期の善人ライバル、レオ君再登場!VV好きな自分としてはOPで観た時から再登場を楽しみにしてましたが、割と早かったですねー。思えば劇中における三年前はまだ勝太もそれなりにホビーアニメの主人公らしいキャラ・・・だったよねえ・・・一応・・・(遠い目)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。