2016/04/25

デュエマ:VSRF3話「人気者頂上決戦っ!勝太VSルシファー!」感想

三話目にして早くも一週間遅れの更新になってしまったよ!

やはり六勤シフトなんていう慣れない業務はそこんトコがネックになってしまいますな・・・俺のデュエマ記事が周回遅れ。早いトコDDDも含めて今週分の感想は書いてしまいたい所・・・ぐぬぬ。

TVで紹介されるハムカツとボスカツ。冷静に考えてみたら、やっぱ普通の動物が喋ってるのってもうちょっと突っ込まれて良い案件だよねえというのを改めて確認させてくれるワンシーン。実際問題、横から見てみたら相当にアレな光景ではあるんすよなあ。そりゃあ動画サイトにも投稿されるわあってな訳で。さり気なく盗撮なのは、まあデュエマなんでそこんトコに突っ込む事自体が野暮と言うか、何と言うか・・・w
さり気なく居候を決め込むドラゴン。バイトする事を条件に、っていう事なんでしょうが、良くるるちゃんが許したね・・・とちょっと思わなくもなく。基本勝太以外の男に対してはドライだからなーあの子。じいちゃんがおっけーしたんだろーなーとは思いますが。

革命チェンジに対してリプレイ映像を見て研究するレアキラーズの面々。負けて撤退してきた意地悪君を責めるでもなく、負けた原因を研究して対策を練るNo2の方針はTCGアニメの悪役ならぬ理知的かつ仲間を邪険にしない意思が見えて好印象。VSRの侵略サイド、つうかバサラ組の段階から見えてた事だけど、このアニメよっぽど主役サイドより悪役サイドの方が仲間意識高くて協力し合ってるよね・・・としみじみ。基本主役サイドが畜生ばっかだからしゃあないとは言え・・・w ただバサラ一人だとそうも行かないだろうから、司令塔として面子を纏めるNo2の立ち位置は結構重要だなーとも。
次なる刺客、カイザー。今回は顔見世程度ですが。モデリングはキッスかマリリンマンソン辺りかな?とこの段階では思ってました・・・四話の話を聞く限りではクラウザーさんなんですね・・・w DMCももう十年くらい前の漫画だと認識してますが、果たして今の子に理解出来るんだろーか・・・!中学生位なら何とか・・・?
その様子を監視する謎の男・・・いや、うん、バレバレなんですが。何て言うか、主役サイドの中で一人この人だけ大真面目なんが返っておかしいと言うか、一人でここまで手を回せる完璧振りが流石と言うか・・・。ドローン使ってる辺りがさり気なく時事を感じさせるのもまた何とも。

ハムカツボスカツを出汁にTVデビューを決め込む勝太。謎の人が真面目に調査してるってのにこの俗物主人公は・・・!w 知らないからしゃあないとは言え、ここで突っ込んでしまう辺りやはりスタッフの手の上で踊らされてる感。しかしここまで上手くブレイク出来るモンなんだろーか・・・一ヶ月そこらでどうこう出来るとも思えない位のブレイク振りだと思うんですがどうか。さり気なく劇中時間が結構経ってそうでさえある・・・
その一幕でのライブシーン。スターにしきのかエルヴィスプレスリーを思い出させるようなボスカツのセンスに対して涙を流すハムカツが可愛いぞ。「かっこええと思う・・・っ!」は天丼ネタになるんでしょうか・・・個人的には好きなネタなので、このままテンプレになってくれたらちょっと嬉しい。ハムカツには悪いと思うが・・・w
後さらっと映画出演してたりもしますが、ハリウッドと国内映画という規模の差はあれヒットを飛ばしたって点では前期のコジローよりすげえ事やってるよねこれ・・・。映画の内容は三匹が斬るだったり子連れ狼だったり・・・何か今回はお父さんが観なきゃ解らんようなネタが多いぞ・・・普通に俺みたいなおっさん世代のプレイヤーも多いTCGなので、多少の無茶や好き勝手は許される感はありますがー。

ギャラ全部オールインしてテーマパーク建築に乗り出す勝太。うーんこの両津勘吉もあわやと言わんばかりの調子に乗りっぷり。テーマパーク建築出来るだけの費用が捻出出来るって事は相当な金額だろうに・・・生活とか考えなくても良い中学生が大金ポンと持たされたら、そりゃあ後先も考えずに使うだろうさとも思いますが・・・使い方の規模が豪奢過ぎやしませんかねえ。スポンサーに話とか持ちかけられたのやもですが。
そんな調子こき蔵の勝太の前に現れる謎の男、もといルシファー。さり気なく衣装もマイナーチェンジ気味。個人的には前の露骨な王子様スタイルの方が良いかなー・・・とも思うのですが・・・あっちはあっちで初見だとうひゃあと思った物ですが、もう慣れ切ってしまったと言うか、何と言うか・・・
ヴァンソーコの影響を受けて顕現したルシファーのクリーチャー、ドレミ。さらっと勝太が原因である事を突き止めてたりするのは流されてますが、まあこの人だしなあ・・・で大体納得出来てしまう辺りがこのキャラの万能感と信頼感だよなあ、と。外見からは真面目な良い子をイメージするような感じですが、ハムカツと握手して全身殺菌消毒、かつ毒舌を吐く辺りはやはり畜生だらけの仲間サイドだなあ、と・・・本当に仲間サイドで畜生じゃないのが珍しいアニメだよね・・・これ・・・w
そんなドレミを観てそちらの方をクローズアップする勝太の番組スタッフ。や、ハムスターが喋ってるよりもっと驚くべき事態だと思うんですが・・・明らかに地球上の生物じゃないじゃないですかー!でも宇宙人の存在が割と確認されてるよーな世界観なので、こん位では大事件にもならないんだろーか?そちらにさらっと乗り換えようとしてる辺りTVスタッフもやはり畜生である。畜生だらけのTCGアニメ。

そんな訳でTVの出演を賭けてデュエマする勝太とルシファー。割かしデュエル自体の総評はルシファー、オンステージな内容・・・つうか勝太が完全に噛ませ犬・・・w 一応切り札とか出せたり、デステニードロー演出とかは普通にやってたのでそこまで酷い訳でもないですが。額面上ではルシファー追い詰めてたしね!寧ろ追い詰めてても「あ、でもどうせこれルシファー勝つんだろーなー・・・」と思ってしまう辺りこのキャラの万能感と信頼感は異常ですが。それだけに前期でバサラに負けた時が衝撃的だった訳でなー。
ルシファーサイドの革命軍、ドレミ団。デザインとしては星のイメージなんでしょうか。エースカードであるベルファーレとか、前期のミラダンテもそうなんですが、ルシファー周りのクリーチャーはデュエマらしからぬ可愛さに溢れたデザインなのが印象的ですねー。マスコットチックと言うか何と言うか。どっちかと言うと女の子受けしそうなデザインなのが異端。一方で凛々しさを感じさせたりもするデザインなので、カードイラストだと結構映えたりしますねー。ホイル加工と合わさるとミラダンテとか滅茶苦茶綺麗だよね・・・
ベルファーレの効果を受けて停止するDXブリキング。ハムカツのリアクション、友人に言われて気付いたけど完全にジ・Oに乗ったシロッコ・・・やっぱ親父世代じゃないと解らんネタ多いよ今回!w 北斗の拳パロとかやったアニメに今更何を!とか言う話だけどさ!人によってはゼルエルと戦った時のシンジ君を思い出すかもしれない。動け!動けよ!ベルファーレの攻撃が使徒のビーム攻撃のそれなんを見るからに、こっちの方が正しいんかなー、そーなんかなー。そんなルシファーの強さにビビりまくってDXブリキングを激破された後、怯えるハムカツとボスカツが可愛いぞ。

思いっきりボコボコにされて意気消沈する勝太。さり気なくルシファーと劇中で互角にやり合える数少ないキャラだったりもする主人公ですが、そんな主人公でも普通に負けてしまう辺りが、やっぱこの(ry
その結果を受けてさらっと番組レギュラーを奪っていくルシファー。この子の場合、コジローとのやり取りや因縁を見るからに悪気なくさらっとこういう事をやっちゃうから本当に手に負えないよなあ・・・とうんたらかんたら。ドレミは全国ネットで放映して良い生き物なんだろうか・・・だから明らかに地球上の生物じゃないよね?!まあ勝太が盗撮されてしまうような世界観なので隠してても時間の問題なのやもしれませんが。隠しそうもなさそうだし。
一気に落ちぶれてテーマパークも建設中止になった勝太一行。デュエマーランド閉園から間もないだろうにまたテーマパーク計画が頓挫して矢場町は大丈夫なんだろうか・・・と言うかこの後のバー一発屋の描写が地味にしょっぱ過ぎる。良い子も沢山観てるアニメでそんなしょっぱいネタはやめたげてよぉ!一発屋ってなーに?とか親御さんに聞かれたら親御さんはどう答えたら良いんだよ!じゃあ勝太は一発屋なのー?とか聞かれたらそれこそ目も当てられないよ!TCGアニメの主人公なのに!主人公でもこんな情け容赦ない仕打ちを受けるのがデュエマVSシリーズだけど!

主人公だからって油断してたらひでえ目に遭うぞ、というTCGアニメらしからぬ情け容赦のなさを見た回でした・・・w チュートリアルやら設定説明も終わりつつあり、やはり徐々に好き勝手さのエンジンがかかって来た感がありますね・・・四話も相当無茶苦茶やってそうですし、早いトコ視聴したい所・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント