--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/11

MTG:新スタン直後のSCG結果に見る環境の傾向、要するに《アヴァシン》強過ぎ案件

イニ影も発売されて、スタンも環境が変わりましたね。

皆様旧タルキールのカードにはお別れは済みましたでしょうか。俺は未だ《サイ》と《アナフェンザ》を筆頭とするアブザンの面々(と、他の氏族の色が合ってる面々、笑)がもうスタンでおさらばでございますという現実の前に打ちのめされています。お金ないんよー。新しいデッキ組めないんよー・・・

しかし悲しんでばかりもいられません。新スタン環境はもう早くもSCGの結果が出ています。この結果から環境を少し考察してみようかと。

まずはその対象となる、直近のSCGの結果から見てみましょう。

1位:バントカンパニー
2位:白単人間
3位:白黒エルドラージ
4位:青赤コントロール
5位:白黒ミッドレンジ
6位:白青人間
7位:白青人間
8位:白緑人間

いやあ・・・驚きの人間率ですねえ・・・上位八人中実に四人が人間シナジーのアグロ気味デッキとは。イニストラードは人間種族が追い詰められてる設定ではあるはずなのですが、TCG的には相変わらず人間が最強種族であるようで・・・そんな無茶な次元で生存してる人間なんだから相応にタフなのはある意味当然なのやもですが。《サリアの副官》ちゃんの採用率を考えると、サリアちゃんの部隊どんだけ強いねんって話になりますね・・・w

で、更にベスト16まで見てみるとこんな感じに。

9位:白青人間
10位:バントカンパニー
11位:バントカンパニー
12位:白緑人間
13位:白黒エルドラージ
14位:白青人間
15位:エスパードラゴン
16位:赤単エルドラージ

ここまで人間ばっかじゃねえか!狼男や吸血鬼はどこに行ったんだよ!と言わんばかりのこの上位勢。うーん・・・環境初期は速いデッキを使えとは良く言った物ですが、そのポジションに白系のウィニーが久々に食い込んで来ましたね。これだけ二色で組んだレシピが多い中、一番トップの順位の人間デッキが白単と言うのも興味深い。実際、この2位の白単人間は純粋な速度に特化しており、1マナクリーチャーが何と15枚、当然全て部族に人間を含むという凄まじさです。実際《副官》ちゃんのCIPは数が並べば並んでいる程有用であり、また常在型効果の方も後々の展開を考えた物である為、とにかく軽さで攻めるというのは最適解なのやもしれません。

しかし、真に注目すべきカードはやはりこのカードでしょう。実にベスト16の内14人が白を使う事を選択した理由と言っても過言ではないカード、《大天使アヴァシン》の存在です。


大天使アヴァシン


インスタントタイミングでかっ飛んで来るこの超強化された《セラの天使》はCIP効果により自軍のクリーチャーを守るように登場する事が出来、また自身にも効果が適用される為場に出たターンは破壊されないという恐ろしいまでのハイスペック振り。白がWW含めて5マナ立ててターンを返した場合、常にこいつの存在を頭に入れておかなければならないというとんでもないカードです。更に何かしらの手違いか何かで横の生物から先に対処しよう物なら、基本スペックが更に上がった上で全体に3点火力を飛ばしてくるとか言うひでえカードです。この裏面がなくとも正直表面の性能だけでも大概だとは思いますが・・・そこから更に強くなる余地があるというのは、何と最早・・・w 実際、これだけ軽量生物を並べて来るデッキが上位である関係上、この裏面の効果はかなり有用ですし、そもそも表面のCIPにしてもそれを含めた全体除去に対応するのに使える訳で・・・

更に、そこからもう一歩踏み込んで考えると、このカードを出たターンで処理出来るカード、即ち追放除去の存在に視点が当たります。《石の宣告》はソーサリーですが、《苦渋の破棄》や《停滞の罠》ならばインスタントタイミングで撃てる為《アヴァシン》の突然の登場にも十分対応し得ります。しかし、これらの除去は全て白が含まれたカードであり、そして白であるならば超高速のビートでなければ特に採用しない理由はないであろう《アヴァシン》を積む事になるのが板になるという事に。つまり、生物重点ビートの視点からしても、呪文で制圧するコントロールの視点からしても、突き詰めていくと《アヴァシン》を使用するのが丸い、そうでなくとも対処するならば白が丸いという結論に至った事が、この圧倒的に白い結果を作り出した事になると考えられます。

そうなると、この直近の結果で新規のPWが《死の宿敵、ソリン》以外に余り目立ってないのも頷けるでしょうか。現行、《アヴァシン》に対してもっとも即座に対処出来るカードは前述の通り《苦渋の破棄》、ないしは《停滞の罠》であり、それを使うには白が必要。また、上位に多いバントカンパニーや人間系のデッキに対しても、黒であれば《衰滅》や《鞭打つ触手》で対応する事が出来、現行この環境でコントロールを行うのであれば白と黒の組み合わせから始めるのが丸いという事になる訳で。これらの除去は-修正をかける物なので、後出し《アヴァシン》で助ける事が出来ない、どころか《衰滅》の場合は出してしまうと犬死にさせてしまう事になる点からも有用ですね(逆に《触手》の場合、後出しで出されると変身されてしまう点には注意)。
また、個人的な主眼になりますが、《究極の価格》は現行環境にかなり適した除去だと思われます。2マナで単色であれば何でも葬れるこのカードは《アヴァシン》であろうともターンを返しさえすれば葬る事が出来、更に未だ環境に居座っている一万円札、《ヴリンの神童、ジェイス》や《副官》ちゃんのような2マナでありながらにして放っておくと命取りになるような生物に対しても有効である点が評価出来ます。多色生物がそれ程存在しなくなり、《搭載歩行機械》も前述のような除外除去満載の環境の前に鳴りを潜めている現状、今後評価の上がる一枚になるかと(事実、3位の白黒エルドラージにはメインから二枚投入されています)。そういう意味でも白と黒の組み合わせがコントロールに最も向いているという結果が今回のこの結果だと思います。
そうなると、使用を許されるPWもそれに準じた物になる訳で、《ソリン》にスポットライトが当たるのも自明と言えましょう。幸いに、《ソリン》の-X能力は初期値からであれば《アヴァシン》が例え裏返っていようが一方的に除去した上で場に残る事が出来ます。同様に前環境を定義するPWの一体であり、現行環境でも4位の青赤や16位の赤単に採用され戦果を上げている《炎呼び、チャンドラ》に対しても有効である点も見逃せないでしょう。

つまり現行環境の取り敢えずの要点としては、《アヴァシン》に対抗したきゃ自分で《アヴァシン》使え、とまでは行かないまでもそれに近い状況、具体的には白使えという環境になっていると言う事が言えるでしょうか。この《神ジェイス》が横行した時代のようなフレーズをまた聞こう事になろうとは・・・アブザンの時もそうだった気がするけど、アレはアブザンって配色のまとまりの問題もあるしなあ・・・《サイ》?何の事かな?
個人的には、現環境のトップデッキは白黒系のミッドレンジかコントロールだとは思います。上記の除去やPWの他に、序盤にも《永代巡礼者、アイリ》や《白蘭の騎士》のような優秀なクリーチャーが存在。速めのデッキにも遅めのデッキにも安定して対処可能なパワーカード群は、前スタンのアブザンを思い起こさせるかのようなデッキの地力を感じさせます。これから環境が進むにつれて、メタが洗練されればされる程メインボードもより最適化されてくるでしょうしねー。

しかしこれは環境初期。現行のスタンのメタゲームの流れはそれはもう生き馬の目を抜く程に速いです。先程も言った通り環境のメタが少し見えて来た現在からが中速のミッドレンジや低速のコントロールの真骨頂とも言えるでしょうし、その選択次第では未だ活躍出来てない《アーリン》姐さんや《ナヒリ》の活躍も見えて来るでしょうし、もしかしたら狼男や吸血鬼が環境でやりあえる手段があるのやもしれません。自分も一先ずは、この《アヴァシン》という超強力カードの存在を頭に入れながら、新スタンのデッキを考えていく所存でございまする・・・取り敢えず環境の真の輪郭が見えるのは次のPTマドリード辺りになるでしょうか。GP幻想郷ならぬGP東京もスタンで行われるようですし・・・その辺の動向にも期待ですね!

・・・まあ、俺の場合、《アヴァシン》入れるデッキなんて本人も周りのカードもクッソ高い使えねーよ!だったら入れずに勝てるデッキを模索してやらぁ!とかいう、割とくだらない反骨心から考えようとしてるのは内緒ですが・・・w 思えば戦ディカーの時の《ギデオン》もそんな感じだった、ような・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。