--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/11

バディ:デッキ紹介、4月10日カードラボ大須店店舗最強決定戦優勝、太陽竜+蒼穹騎士ドラゴン




良くスカイプで練習に付き合ってくれる青りんごさんが店舗最強決定戦にかなり面白いレシピで優勝されてたので、本人の許可を頂きつつ(多謝!)デッキ紹介記事に。

・バディ
《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》

・サイズ3(5)
《烈火の騎竜 セカンドヘリオス》×4
《オカダ・カズチカ!!》×1

・サイズ2(2)
《フレイムウィンド・ドラゴン》×2

・サイズ1(10)
《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》×4
《フレアファング・ドラゴン》×4
《ライトキーパー・ドラゴン》×2

・サイズ0(4)
《蒼穹騎士団 ブーメラン・ドラゴン》×4

・必殺モンスター(2)
《バルドラゴン “バルバースト・スマッシャー!!”》×2

・魔法(20)
《ドラゴンシールド 青竜の盾》×4
《ドラゴンシールド 緑竜の盾》×2
《ドラゴンシールド 太陽の盾》×4
《大空を手に入れて》×3
《太陽の剛腕》×3
《太陽の恵み》×2
《D・R・システム》×2

・アイテム、必殺技(7)
《太陽剣 グレンソール》×4
《太陽拳 ライジングナックル》×3


最近ちょいちょい太陽竜の優勝報告は聞いてはいたんですが、まさか蒼穹騎士と組み合わせたデッキが優勝するとは・・・しかもそれが他ならぬ身内って一体どういう事やねんと突っ込みたくなるのですが、しかし実際構築方針を聞いていると成程、と納得出来る物であったので、ダンジョン専の俺がこういう事を言うのもアレなんですが、ある意味では現行の太陽竜の一つの完成形なのやも?少なくともアニメで牙王ちゃんがやってるようなガン攻めデッキではないですが・・・w


蒼穹ダガー 蒼穹ブーメラン


デッキのメインエンジンは蒼穹騎士団久々の新規である《蒼穹騎士団 システミックダガー・ドラゴン》と《蒼穹騎士団 ブーメラン・ドラゴン》パッケージ。《ブーメラン》系統の性質上戦闘後手札に戻るので、確定的にこの2種8枚だけの蒼穹騎士団でもほぼ毎ターン《蒼穹ダガー》の効果を誘発させる事が可能。勿論そうなると《蒼穹ダガー》が狙われる訳ですが、こっちに構ってるとダメージレースで不利になるという罠が。ついでのようについてる《蒼穹ブーメラン》のライフゲインもありますし、更にそこで《大空を手に入れて》で空振りさせられた時にはもう・・・複数枚《蒼穹ダガー》を引かれた日にゃあ、一瞬で3~6点のライフが回復する事も。ドローもあるのでライフアドとハンドアドの両方をエグい位に稼いで行きます。《蒼穹ブーメラン》は本家に比べてゲージ消費がキツいですが、そこは《DRシステム》と《太陽の恵み》でカバー。《DRシステム》に関してはもう一つの食い縛り効果も馬鹿に出来ません。盾の枚数も多く、防御力に関してはかなり高いデッキという印象です。


グレンソール


これだけでは盤面干渉が弱過ぎるので、そこは今期主人公のカードたる太陽竜でカバー!というのがコンセプトのようですが・・・《太陽剣 グレンソール》というかなりピーキーなカードが採用されています。しかも四枚ガン積み。アイテムにして攻撃力9000、しかも装備コスト一切なしというトンデモスペックながら、打撃力0というこれまたトンデモなスペック。多重ソウルガード持ちになると流石に厳しい物がありますが、多少硬い程度のモンスターなら太陽竜や蒼穹騎士団の連携を含めてさらっと溶かしてしまえるだけのパワーはあるでしょう。主力はこれで排除しながら、ライフゲインを重ねてジワジワ打点を入れていく様は中々に嫌らしさを感じますね・・・


オカダさん


かと言ってあんまりゆっくりしているとどこからか飛んで来る必殺モンスター《バルバーストスマッシャー》の前に頓死も有り得るという恐ろしいデッキ。それならば前述の通りセンターを多重ソウルガード持ちで固めて・・・という戦略も、貫通武器である《ライジングナックル》と、かのオフィシャル最強サポーター《オカダ・カズチカ!!》の前には許されません。ちょっとライフゲイン主体のこのデッキにおいてはレインメーカーの発動条件の観点上若干のピンボケ感も感じる物の、やはり確定2点、攻撃さえ通れば更に貫通で2点という攻撃力は無視出来る物ではありません。援護には《蒼穹ブーメラン》もいる事ですし、《オオヤミゲドウ》クラスの防御力があってもライフ次第では十分捲れるでしょう。主力でガン積み採用されているもう一体のサイズ3、《セカンドヘリオス》にも言えるのですが、決定打の高いフィニッシャーが防御性能も高いタフなカードなのもこのデッキの防御力を支えている感じですねー。《オカダさん》の場合は移動もあるのがアイテムでの攻撃でモンスターを排除するこのデッキにとってナイスポイント。

ちなみにこのデッキ、ほぼ全てのカードが直近のカードで、またデッキのメインパーツはほぼ安価なカードや構築済み封入の物で構成されているのでかなり組み易いデッキでもあります。ちょっと高いパーツは《バルバーストスマッシャー》と《セカンドヘリオス》位ですし、太陽竜デッキから始めた初心者の方にも安心してオススメ出来るやもしれませんねー。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。