--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/17

MTG:イニ影プレビュー二、三日目、気になるカード

新規が公開される度どんどんと心が豊かになる感。

やはりイニストラードはいいぞ。

《アーリン・コード》
2RG プレインズウォーカー-アーリン
[+1]:最大1体までのクリーチャーを対象とする。ターン終了時までそのクリーチャーは+2/+2の修正を受けると共に警戒と速攻を得る。
[0]:2/2の緑の狼・クリーチャー・トークン1体を戦場に出す。アーリン・コードを変身させる。
[3]

《月の抱擁、アーリン》
[+1]:あなたのコントロールする全てのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修正を受けると共にトランプルを得る。
[-1]:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。Arlinn, Embraced by the Moonはそれに3点のダメージを与える。月の抱擁、アーリンを変身させる。
[-6]:あなたは「あなたがコントロールするクリーチャーは速攻を得ると共に『(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。このクリーチャーはそれにこれのパワーに等しい値のダメージを与える。』を持つ。」という紋章を得る。


背景では一足先にお目見えしてたアーリン姐さんがようやっと公開!《リレントレスガラク》以来の変身PWっすねー。特性上、能力が無茶苦茶多いのですが特性がかなり癖のある感じ・・・
表面の+1は生物強化。修正値が+2/+2と大きい上に速攻が付くのでそのターンに呼んだ生物でも即座に攻めに回せるのは中々、しかも警戒も付くので守りが手薄にならないのもグッドっすねー。攻撃的に打って出ながら隙を作らないという点で運用し易い能力かと。
+0はトークン生成、こちらも身を守る生物を呼べるので使い勝手は良好。+が他に生物がいないと意味がない分、自前で生物を用意出来る点はかなり優秀っすね。しかしこの能力の肝は、これが変身のトリガーになる事。この能力を起動する事によって裏面の狼男の姿になるって訳ですなー。
裏面の+1はこちらも生物強化。修正値は+1/+1と少なくなった物の、効果は全体に及び、しかもトランプルも付けてくれます。所謂バーラン能力が+で使えるのは盤面さえ整っているなら心強い限りっすね。
-1は稲妻相当の火力。同じ効果は《ラル・ザレック》も持ってますが、こちらは小さい忠誠度消費で使える点が良い感じ。しかし、表面同様こちらも変身のトリガーになる能力なので、連発は1ターンの間が発生します。とは言え盤面干渉が出来るのは素晴らしいの一言。
-6の奥義は自軍の生物全員がパワー分のダメージをタップで飛ばせるようになる紋章付与。起動出来るような事があるなら当然ダメージレースを完全に破壊してしまう能力になり得るでしょう。生物さえ十分なら一方的にボコボコにされかねない破壊力。
総じて強い能力でまとまってる印象ですが、汎用性の高い表面の+0と裏面の-1が変身のトリガーになってる関係上、連発出来ず若干融通が利き辛い点が気になる所。また、初期忠誠も3と低い為使う際は盤面をきっちり固めてから使っていくべきでしょうねえ。実際、生物さえ展開出来ていれば+も活き易いですし、言うまでも無く攻撃的なビートで運用するPWである事は間違いないでしょう。是非ともきっちり使いこなしてみたい所。


《戦争に向かう者、オリヴィア》
1BR 伝説のクリーチャー-吸血鬼・騎士
飛行
他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはカード1枚を捨ててもよい。そうしたなら、そのクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く。それは速攻を得る。それは他のタイプに加えて吸血鬼になる。
3/3


矢鱈優雅な印象があったヴォルダーレン家の当主たるオリヴィア嬢がよもやの戦闘スタイルで参戦!ちょっとパンクになり過ぎじゃないですかとかそっちの方がパワー下がってるじゃないですかーとかいう突っ込みは、まあともかくとして。
まず3マナで3/3飛行というスペックからして既に中々の性能ですが、他の生物が着地する度にそれを強化出来る能力が中々良さそう。+1/+1カウンターが乗る上に速攻も付くので、強襲性能がかなり高そうです。コストが手札一枚と若干キツいですが、今回の吸血鬼のテーマは恐らくマッドネス効果。合わせる事によって手札のロスなく継続的にこの効果を運用する事が出来るでしょう。《ナヒリ》同様やはり《癇しゃく》との相性が良さ気な感じ・・・やっぱ1マナ3点火力ってヤバいわ。
他にも、既に公開されてる《ファルケンラスの過食者》や《手に負えない若輩》とのシナジーも見逃せない所。戦ディカーブロックにも《ドラーナ様》や《カリタス》のような強力な吸血鬼が既に一折揃っているので、是非とも彼女達と合わせて吸血鬼ビートを組んでみたくなりますねー。ただこの効果は別に吸血鬼をサポートする物でもないので、構築の幅があるのは高ポイント。《赤執政》なんかもマナカーブ的に綺麗に繋がるのでオススメの一枚っすね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。