2016/03/15

MTG:イニ影プレビュー初日、気になるカード

初日から早くも生き急いでる感しか漂わない今回のプレビュー。

《苦渋の破棄》
1WB インスタント
土地でないパーマネント1つを対象とし、それを追放する。あなたは3点のライフを失う。


みぎゃー!《名誉回復》ではないですか!しかもインスタントだとぉ?!覇王譚の時に《アッターエンド》刷ったばっかなのに、もうこんな汎用性の高い除去刷っちゃって良いんですか?!良いんですか!

真面目に土地が割れない点、3点ルーズは何だかんだ重い点で《ヴィンディケイト》程ただつよという訳ではないですが、インスタントで構えられる万能除去という時点でもう弱い訳がなく。環境が前イニストのような超高速環境でもなければ十分に使われるカードになるでしょうねえ。採用枚数は吟味したい所だとは思いますが。《サイ》や《真面目ソリン》もスタン落ちする事ですし、安易にペイライフは出来なくなりますからなー・・・この配色ならドローソースに《骨読み》か《苦い真理》を使うでしょうし。そうなると新環境のオルゾフカラーはライフ確保手段を探す必要がありそう・・・今こそ《ドロモカ様》か?結局またアブザンかよ。

そして何より、イラストが超格好良い!ソリンファンとしてはマジで感無量っすわー!良く考えたら今まで裏方仕事に回ってて本筋で何かする事があんまりなかったソリンが明確に表舞台で活躍してるシーンなんすよね、これ。しかもそこで切り伏せているのは恐らくは娘の如き寵愛を注いでいたであろう自らの創造物であるアヴァシン・・・こいつぁヴォーソス冥利にも尽きる一枚ですよ!是非とも確保したいカードっすねー。

同時に横にこっそりいるジェイスとタミヨウにほっこりするのは内緒の話。


《罪人への急襲》
4WW ソーサリー
すべてのクリーチャーを追放する。
昂揚-あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるなら、飛行を持つ白の4/4の天使・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。


新能力、昂揚を持ったリセットスペル。昂揚達成時なら盤面を更地にした上で4/4飛行というフィニッシャーレベルのクリーチャーが出ますねー。追放除去なので除去耐性も大体かわす事が出来るのも高ポイント。イニストっていう事は恐らく墓地利用も多そうですし、その辺を後腐れなく処理出来るのも良いかもしれません。

ただリセットスペルとして6マナが許容出来る環境かどうかはちょっと考えたい所。ただでさえ5マナがリセットスペルの基準としてかなり重いと考えられている状況で、6マナでリセットして間に合うかどうかは・・・少なくとも現スタンのアタルカレッドや赤単のような超高速デッキ相手には機能するカードではないでしょうし。環境によっては《衰滅》や《次元の激高》の方が良さそうっていう事も大いに有り得そうっすね。

ところでイラストのアヴァシンが滅茶苦茶こええんですが・・・これはソリンに処されるのも止むを得ない。


《Nahiri, the Harbinger》
2WR プレインズウォーカー-ナヒリ
[+2]:あなたはカードを1枚捨ててもよい。そうした場合、カードを1枚ドローする。
[-2]:エンチャント1つか、タップ状態のアーティファクト1つか、タップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
[-8]:あなたのライブラリーからアーティファクト・カード1枚かクリーチャー1枚を探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。それは速攻を得る。次の終了ステップの開始時にそれをあなたの手札に戻す。
[4]


やー!ナヒリ!ナヒリですよ!や、特設ページのマルコフ家の段階で出て来る事はもうほぼ確定してましたが、まさかこんなに早くも出て来るとは・・・てっきり異界月辺りで満を持して登場する物だとばかり。イニ影収録PWはジェイス、ソリン、アーリンだと思ってたんですがねえ。異界月はリリアナもほぼ確定でしょうし、タミヨウも本格的にストーリーに関わるようですからねえ。これは残りの収録PWがどうなるか気になる所。ティボルト?何の事かな・・・

能力は+2でルーター能力。先に捨てるとは言え、選んで捨てられるので安定して手札の質を上げられる点で使えそうな感じ。マッドネスも多数収録されるようですし、この辺りとのシナジーが見込めそうではありますね。これで《ティボルト》の立つ瀬が更になくなるとか、言わない。忠誠度の上昇値が+2と大きめなのもグッド。ただ、初手でマッドネス起動まで当てにして+から入ろうとすると、余分にマナを構える必要があるのは考え所。《癇しゃく》が再録確定しているので、その辺りとの相性は良さそうですが。
-2は万能除去。エンチャントなら無条件で追放で、生物、アーティファクトもタップ状態ならば追放可能。初期忠誠から連発出来る数値で、かつ+一回使えばその分帳消しに出来る点では優秀そうですが、生物に対してはタップ限定というのがどこまで響くかっていうのはありますね。殴りかかってくるデッキ相手に対しては返しで出すだけで機能はしそうですが、それ以降は迂闊に攻撃はしなくなりそうですし・・・もし攻撃して来るようならば、恐らくは落とせるタイミングで来るでしょうねえ。
-8の所謂奥義はデッキから生物かアーティファクトの直接直接リクルート。出せる物に制限はないので、超重量級のフィニッシャーでも場に出せるのは中々に良い感じ。ただしエンドに手札に返るので、永続的に盤面に干渉するには正規のコストを改めて払う必要がありますね。モダン以下であれば《荒廃鋼の巨像》や《エムラクール》を使う事が出来ますが、スタンにこんな一撃でゲームを終わらせるようなカードが存在するかどうかはちょっと考え難いかなあ。と、なると一回殴れる点はおまけと考えて、現行ではフィニッシャーサーチの手段として運用するのが吉かな、と。《オジュタイ様》辺りとの相性が良さそうではありますなー。
総じて見ると、状況を見て+2か-2から入るか考え、盤面が拮抗してる間に+連発から忠誠度を稼ぎ、奥義まで繋げるのが基本的な使い方になりそうかな、と。コントロールでの運用が見込まれるカードではありますが、白赤という配色も中々に難しい感じ・・・ジェスカイかマルドゥ辺りで使うのが良いでしょうか。使ってみたくはある一枚ですがねー。


公開分の《守護天使アヴァシン》や《石の宣告》なども含めて、現状は総じて白が強そうな印象があるイニ影。影とか言いながらまた白が隆盛するような環境になるのか、それとも他の色にもこれから挽回するようなカードが来るのか、続報が楽しみっすねー。個人的には新PWであるアーリン姐さんに期待してるんですが・・・どうなるかなー。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント